EDで悩む男性とやる気を出す男性

医師が自分で薬価を決める場合もある

薬価は、厚生労働省によって決められています。
そのためどこの病院で処方してもらったとしても、分量が同じなら価格は同じです。
ただし、加入している健康保険や住んでいる地域によっては、支払いの負担割合が異なってきます。
3割負担となることもあれば2割負担となることもありますし、子供の場合負担金額が0円となることもあります。
しかし負担割合は違っても、薬価自体は同じです。

ところが自費診療の場合は、薬の扱いは異なってきます。
自費診療では、健康保険が適用されません。
100%自費での支払いとなるのです。
さらに自費診療では、厚生労働省により薬価基準に収載されている薬以外でも使用することが可能です。
薬価基準に収載されていないということは、価格設定がおこなわれていないということです。
したがってそういう薬に関しては、医師が自分で薬価を決めることができます。
極端な話、異常に高くすることもできれば、0円にすることも可能なのです。

このような薬には、たとえばED治療薬や低容量ピルなどがあります。
これらは医師の考え、あるいは病院の方針によって価格が変わってきます。
そのため、安く処方してくれる病院を選んで通院するという人も多くいます。